便利屋の顔を二人で踏み躙りナマ足 で打ったうどんを食べさせる美容師

【変幻餌罪 品番 NB−8】
122min  7000円  

注文

今回の美容師二人はとにかくナマ足で常に顔を踏んでます。
いくら便利屋さんが苦しみ悲鳴をあげようが全く気にせず
会話に集中しながらナマ足で顔の上に乗り続けてます。
彼は単なる二人の足置き台と化してる所がそそられます。
ある意味踏まれ好きとしては最高の幸せかもしれませんね。
今回のフードクラッシュも好き勝手にナマ足を使い潰し
シャツや顔を汚しまくり楽しんでるのがイイ感じですね。
やはり二人の自然なナマ足イジメは素晴らしいと思います。