高飛車秘書の群れたストッキング の足置台に使われ喜ぶ変態掃除夫

【変幻餌罪 品番 JD−5】
122min  7000円/55$  


注文

今回のデパガさんとの作品は普段もデパートで何時
履いている蒸れたストッキングで撮影しました。
ストーリーは秘書が昼休み中に掃除夫のオジサンが
部屋の掃除に来てやたら足付近ばかり雑巾がけするので
不振に思い問い詰めたところ変態足フェチだと分かり
丁度ストレス解消に持って来いだと喜びマッサージや
足の匂い吸い取りや顔青竹踏みにして足の疲れを取らさせます。
一通り足の奉仕をさせ終わりオジサンの過去の変態話を聞き
S性のある秘書はかなり興味を示し面白いので私もやってみたいと
掃除夫の大きな乳首に安全ピンを刺し鈴を付けて遊んでます。
さらにS性を増した秘書が鞭を打ち背中の鞭の後をパンプスの
ヒールで踏み付け甚振ります。ストッキングの食べ物踏み潰しも
食べ物でストッキングの爪先が汚れていく感じが妙に興奮しますよ。