高飛車な美人デパガ様の蒸れた足を 御奉仕するしか役に立たない召使男

【変幻餌罪 品番 JD−3】
122min  7000円/55$  


注文

美人デパガさんが学生時代ミニスカポリスの次にバイトしたのが
今回のバドガールで今回も彼女のアイデアを採用しました。
ストーリーはバドガールサロンに来た客とあっち向いてホイや
タマゴ当てゲームで遊んだりさらにビールで酔った彼女は
履いていたハイヒールを客の口に押し込みビールをかけて
無理やり飲ませたりおつまみをハイヒールで踏み
潰し食べさせたりとやりたい放題楽しんでます。
何をしても文句一つ言えない気弱な性格を見抜き
元々Sな彼女はは鞭で打ったり踏んだり蹴ったりと
とことんイジメてストレス解消しています。
今回の彼女は汚れ男優が調子に乗り休憩中直ぐに
彼女の脚にまとい付きそれで完全に不機嫌になり
その態度が作品に出て何時もより非情な感じになりました。
実際撮影後に聞いたらもうキモイしムカつくから
あの男優とはやりたくないと言っていて本当に
これが汚れ男優最後の作品になりました。
勿論彼と撮った作品でまだ出してないものは
ありますが撮影自体はこれがラスト作品です。