高飛車秘書の群れたストッキング の足置台に使われ喜ぶ変態掃除夫

【変幻餌罪 品番 JD−11】
122min  7000円/55$  


注文

仕事が休みで遊び疲れて帰宅したデパガ女王様が召使い男に
足のマッサージや汚れたブーツを舌で綺麗にさせたり
更に自分の唾をブーツに垂らしもっと綺麗にするよう命じます。
それが終わると仕事のストレス解消にブーツで顔を踏んだり
身体を蹴ったりして気分晴らしをして楽しんでます。
ブーツでの責めに飽きると次は一日中履いたブーツを
脱がさせて蒸れた黒ストッキングの臭いを吸い取らせます。
それからストッキングの爪先を口の中に押し込んだり舐めさせたり
して一日ブーツの中で蒸れたストッキングの処理をさせ満足します。
この日のデパガ女王様は朝まで飲んで二日酔状態だったので
気だるさと色っぽさが出ていて良い感じでしたね。
彼女は先月でデパガを辞め新しくIT企業の社長秘書になり
朝5時ぐらいまで働いてるほど超忙しくなったので
残念ですが当分、もしくはもう撮影出来ないかもしれません。